引越し見積もりEX > 引越しコンテンツ一覧 > 引越し荷づくりのコツ

かんたん引越し準備! 引越し費用・相場がすぐわかる!

引越し料金の相場は?

引越し費用は、荷物の量や引越し先までの距離、引越しをする時期などによって大きく変わります。荷物の量によって、作業員の人数やトラックの大きさが変わりますし、引越し先までの距離が長ければ、その分作業時間も長くなりますので、距離に応じて料金も高くなります。

従って、実際に見積もりを取ってみても、料金の相場がわからないと高いか安いかの判断がつきません。
そこで、実際に引越しをされた人の費用を参考に、引越し費用の相場を見てみましょう。

近距離で引越しする場合の引越し費用相場

同一都道府県内など、移動距離が50km程度の引越し費用相場です。

人数 荷物の量 トラック 広さ 引越し料金相場
¥20,000~¥50,000
大人1人
普通
2トン
¥30,000~¥70,000
大人2人
普通
2トンロング
¥60,000~¥100,000
大人2人、子供1人
多め
3トン
¥80,000~¥120,000
大人2人、子供3人
多め
4トン

※料金はあくまで目安です。引越し時期や条件により、料金は変動します。

長距離で引越しする場合の引越し費用相場

関東⇔関西など、移動距離が50kmを超える場合の引越し費用相場です。

人数 荷物の量 トラック 広さ 引越し料金相場
¥100,000~¥180,000
大人1人
普通
2トン
¥140,000~¥280,000
大人2人
普通
2トンロング
¥200,000~¥400,000
大人2人、子供2人
多め
4トン

※料金はあくまで目安です。引越し時期や条件により、料金は変動します。

全国210社以上の引越し業者から最大10社に無料で簡単一括見積もり

現在のご住所の郵便番号

郵便番号を調べる

引越し先の都道府県
引越し人数 大人   人/子供   

※最大50%割引の表記ついて
当サイトをご利用されたお客様のアンケート情報をもとに提示された料金の最低額と最高額の差を表示しております。割引額は引越し条件に依存されるため、50%OFFを保証するものではありません。

引越しタイプ診断

あなたの引越しタイプは?

何から何まで業者にお任せしたい、費用を徹底的に節約したい・・・など、引越しのスタイルは人それぞれ。どれが正解ということはありません。では、実際の引越しにはどのようなスタイルがあるのでしょうか? 予算別にいくつかご紹介しましょう。

とことんオーダータイプ

引越し準備から荷造り、荷ほどき、新居への設置まですべて業者にお任せしてしまうプランです。仕事が忙しくて準備時間が取れない方や、お子さんが小さく手が離せない方、面倒は苦手なのでという方、大がかりな出来事だからプロに任せたほうがいいとお考えの方などにお勧めです。

実際に、お任せプランの作業現場に立ち会うと、その手際の良さと細かな心遣いには驚かされるばかりです。さまざまなアイテムを駆使し、大きな家具も高価な大画面TVも、割れ物や小物など梱包が面倒な家財も、あっという間に梱包を済ませ、壊れ物への不安はまったくありません。家族だけの作業ではたっぷり数日はかかりそうな作業を、わずか数時間で終わらせてしまうのですからビックリです。

新築の新居に引っ越す際など、荷ほどきと家具設置のていねいさは信頼感抜群。ほとんどの場合はキズひとつ付けずに作業を完了させてくれますし、万が一の場合にも保険が設定されています。素人作業で疲れやケガに悩まされることを考えたら、少々高額でもかえってトクなのかなと思わせてくれるでしょう。見積もり時に希望をたっぷり伝えれば、あなたのご要望にピッタリのおまかせプランを提示してくれるはずです。

できるところは自分でタイプ

大きな家具や家電製品などの梱包は業者に任せ、小物類や衣類、生活用品類など自分たちでできる梱包は自分たちで行う、ごくスタンダードな引越しプランです。梱包材料などをすべて業者で揃えたほうが荷造りはラクですが、ドラッグストアなどから段ボール箱を調達しても問題はありません。

自分で梱包、自分で荷ほどきするプランは、引越し費用を賢く節約できるのももちろんですが、引越しを機に手持ちの荷物を、ひいては生活環境をリフレッシュできる点が最大のメリット。思い切りよく整理していくと、冗談抜きで家具家財の量が半分ほどにまで整理され、驚くこともあるでしょう。

梱包はすべて業者に任せ、荷ほどきは自分たちで行うという、安全性と整理整頓を両立させたプランや、大型家具の梱包まですべて自分で行い、業者には荷物の搬出と輸送のみを頼むプランなど、業者によってお好みに合わせた多彩なプランへの調整も可能です。まずは相談してみましょう。

まるごとセルフサービスタイプ

トラックやワンボックスなどの貨物レンタカーを借り、友人知人に手伝いを頼んで引っ越す方法です。レンタカーの車種とレンタル時間を適切に選択し、友人には高額な謝礼を払わず打ち上げの飲み会で済ませる、など節約術を心掛ければ、費用を大幅に抑えた引越しができます。梱包や荷物の積み込み、積み降ろしを自分で行い、引越し業者にはトラックの用意と運転手1人だけに来てもらう、半セルフサービスプランも可能でしょう。

このプランのメリットは、友達と一緒にワイワイ楽しみながら、イベント感覚で引越しができることです。荷物が少なめの単身世帯や、友達がいっぱいいる若いカップルなら、作業時間もそれほどかからないでしょう。費用面でもダントツでおトク、と言いたいところですが、じつは意外な落とし穴があります。友達とはいえ、みんなが自分の時間をつぶして応援に来てくれるのですから、それなりのもてなしをしないといけませんし、ギックリ腰や切り傷、階段からの転落、交通事故などトラブルが発生する危険性も。

素人ですから荷物が傷付く、皿が割れるなどはしょっちゅう起こりますし、マンションなどでは共用部分の養生(ようじょう。保護パネルなどを貼って建物のキズ付きを防ぐこと)も欠かせません。引越し業者に頼んだ場合は保険で処理できる破損も、全額自分持ちになります。そういった諸々の費用や心配を考えると、業者に任せてしまった方が結果的に安かったという笑えない展開も十分にあり得ますので要注意。チャレンジするなら、しっかりした計画をたてましょう。使用するレンタカーの種類は、荷物の少ない単身者なら750kg積み小型トラックかロングボディのワンボックス車。夫婦2人なら1.5トン~2トン積みクラスのトラック。子どもがいるなら2トンから3トンのトラック、またはパネルトラックが基準。あとは荷物の量で調整します。

レンタカー料金は各社で異なりますが、2トントラックで6時間7500円前後、12時間1万円前後。燃料代や高速代は別途必要です。相場としては、大人2人とお子さん1人の30代家族が、2DKのアパートから隣県の3LDKマンションに引っ越すと仮定した場合なら5万円前後。ただし養生作業の予算は別途と考えてください。また、レンタカーは返却が必要なので、遠距離への引越しには不向きです。

基本料金

運賃

引越し代金のなかで大きなウエイトを占めるのは運賃です。じつはこの運賃、国土交通省の「標準引越運送約款」という取り決めがあります。日本トラック協会も、加盟業者向けにだいたいの運賃基準を提示していますから、日本トラック協会に加盟している業者であれば、運賃面での心配はありません。実際には、運賃に割増運賃や車両留置(とめおき)料金などが追加されますし、また使用するクルマの種類や各種設定などにより運賃は変わります。運賃が高い安いだけで業者を選ぶと失敗することも。

運賃とは トラックを使用し荷物を運ぶための、基本的な運送費用になります。引越しをする曜日や時間、季節、車両の種類、ドライバーや作業員の人数と熟練度などによって設定が異なるため、単純な値段比較はできないことも多いです。
時間制と距離制 引越しする距離が100km以内の場合は「時間制運賃」、100kmを超える場合は「距離制運賃」での計算が一般的です。
車両留置料とは 作業員料(荷物の梱包、搬出、搬入などの人件費)のほか、梱包資材料、有料道路利用料、一時保管料などを含みます。
サービス料とは ピアノ運搬、絵画や骨董品など美術品運搬、使用後の梱包資材など不用品の処分、エアコンの取り外し・取り付けなど、附帯サービスにかかる料金です。

オプション

オプションの種類と相場は?

オプションとは、借りていた部屋の原状回復や新居での家具設置、不要品の処分などにかかる費用です。もっとも一般的なのはエアコンの脱着。業者指定の電器店から技術者が来たりしますから、費用は2万円ほど見ておくべきでしょう。この際、同時にエアコン内部の分解クリーニングを勧められることもあるかと思います。やらなくても問題はありませんが、エアコンのニオイが気になる場合はお勧めです。

新居でのTVアンテナ取付、オーディオ機器のセット、ピアノの搬入、クルマの回送などもオプションです。ピアノ輸送はかなり高額ですし、エレベーターのないマンションの上階に大きな荷物を運ぶ場合などは、追加料金が必要になることもあります。

引越し料金を抑える裏ワザは?

引越しの季節を選ぶ 引越しをする人が多いか少ないかには、明確な季節差があります。新社会人新入学シーズンの3月と4月は最大の繁忙期。お盆休みのある8月も多いようです。逆に、2月や11月などいわゆる閑散期にあたる時期は、引越し料金が大幅にディスカウントされるなどおトクな特典がたっぷり。
引越しの時間帯を選ばない 引越し作業は時間が正確に読めないため、引越し業者はある程度余裕のあるスケジュールを立てています。そのため、引越し開始時刻を厳密に決めず、引越し作業が夜になっても構わないという方なら、時間を定めないルーズな引越しプランで費用をカットできる場合も。
各社の特典を比較する 引越し業者各社のホームページを見てみると、段ボール箱50箱無料、使用済み段ボール無料引取などさまざまな特典が目をひきます。見積もり時にどのような特典があるのかを調査し、おトクなタイミングでおトクな業者に決めましょう。

全国210社以上の引越し業者から最大10社に無料で簡単一括見積もり

現在のご住所の郵便番号

郵便番号を調べる

引越し先の都道府県
引越し人数 大人   人/子供   

※最大50%割引の表記ついて
当サイトをご利用されたお客様のアンケート情報をもとに提示された料金の最低額と最高額の差を表示しております。割引額は引越し条件に依存されるため、50%OFFを保証するものではありません。


PAGE TOP